スターレス~キング・クリムゾン|音泉日記~音楽の温泉~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

-------- : スポンサー広告 :

スターレス~キング・クリムゾン

starless_cover
キング・クリムゾン(King Crimson)の特大ボックスセットの第3段[スターレス(Starless)]が発売されました。2012年のCD13枚・DVD1枚・Bru-ray1枚からなる計15枚組の[太陽と戦慄(Larks' Tongues In Aspic)]、2013年のCD21枚・DVD1枚・Bru-ray2枚という計24枚組の[ザ・ロード・トゥ・レッド(The Road To Red)]に続く、CD23枚・DVD2枚・Bru-ray2枚構成による計27枚組の特大ボックスセットです。[ザ・ロード・トゥ・レッド]はアルバム[レッド(Red)]の特大ボックスで、今回の[スターレス]はアルバム[暗黒の世界(Starless And Bible Black)]に対応する特大ボックスです。アルバム[太陽と戦慄]の特大ボックスには別名は付けられませんでした。これで1972年10月からの70年代後期 King Crimson の3枚のアルバムは、全て特大ボックスが発表されたことになります。
starless_booklet
この当時の King Crimson は最強のライブ・バンドといえる存在であり、ライブでのインプロヴィゼイションが究極の表現形式と意識されるようになります。アルバム[暗黒の世界]では、ライブ会場がレコーディング・スタジオであり、ライブ・テイクからノイズを取り除いてスタジオ・テイクのように製作していました。

starless_1starless_2

1990年代以降、Robert Fripp はライブ記録を様々なスタイルで発表するようになり、[ザ・グレート・ディシーバー(The Great Deceiver)]や[ザ・ナイト・ウォッチ(The Night Watch)]といったライブ・アルバムや、オフィシャル・ブート・シリーズ[ザ・コレクターズ・キング・クリムゾン(The King Crimson Collector's Club)]をリリースするようになります。そのような経緯の中、この[スターレス]では、新たなリマスタリングも行なわれ、5.1サラウンドやハイレゾ化もされているという現時点での最高水準の音質にしあげられたライブ記録になっています。
starless_bonusdiscs
ブルー・テープ』と呼ばれる1/4インチ・オープンリールテープにPA直結で録音された音源が使用され高音質を実現していますが、テープの欠損により演奏の一部が欠落してしまっているものがあり、[Incomplete]とクレジットされています。それを補う形としてBonus Discsに位置づけられるDisc25~27でブートレグ音源をもとにした完全版が提供されています。

Starless -Ltd-

新品価格
¥22,489から
(2014/12/27 21:00時点)



Disc1
Apollo Theatre, Glasgow, UK Ocotber 23, 1973
1.インプロヴィゼイション : シャークス・ラングス・イン・レムシップ - Improv: Sharks' Lungs In Lemsip
2.太陽と戦慄パート1 - Larks' Tongues In Aspic (Part I)
3.ロバート・フリップのアナウンス - RF Announcement
4.イージー・マネー - Easy Money
5.インプロヴィゼイション : 隠し事 - Improv: We'll Let You Know
6.夜を支配する人 - The Night Watch
7.突破口 - Fracture
8.人々の嘆き - Lament

Disc2
Apollo Theatre, Glasgow, UK Ocotber 23, 1973
1.土曜日の本 - Book Of Saturday
2.インプロヴィゼイション : タイト・スキュラミー - Improv: Tight Scrummy
3.放浪者 - Exiles
4.インプロヴィゼイション : ルース・スキュラミー - Improv: Loose Scrummy
5.トーキング・ドラム - The Talking Drum
6.太陽と戦慄パート2 - Larks' Tongues In Aspic (Part II)
7.平和-テーマ - Peace - A Theme
8.キャット・フード - Cat Food

Disc3
Volkshaus, Zurich, Switzerland November 15, 1973
1.ウォーク・オン:ノー・プッシーフッティング (BGM) - Walk On : No Pussyfooting
2.インプロヴィゼイション : サム・プッシーフッティング - Improv: Some Pussyfooting
3.太陽と戦慄パート1 - Larks' Tongues In Aspic (Part I)
4.ロバート・フリップのアナウンス - RF Announcement
5.人々の嘆き - Lament
6.平和-テーマ - Peace - A Theme
7.キャット・フード - Cat Food
8.夜を支配する人 - The Night Watch
9.突破口 - Fracture

Disc4
Volkshaus, Zurich, Switzerland November 15, 1973
1.ザ・ロウ・オブ・マキシマム・ディストレス パート1 - The Law of Maximum Distress : Part I
2.インプロヴィゼイション : 詭弁家 - Improv: The Mincer
3.ザ・ロウ・オブ・マキシマム・ディストレス パート2 - The Law of Maximum Distress: Part II
4.イージー・マネー - Easy Money
5.放浪者 - Exiles
6.インプロヴィゼイション : サム・モア・プッシーフッティング - Improv: Some More Pussyfooting
7.トーキング・ドラム - The Talking Drum
8.太陽と戦慄パート2 - Larks' Tongues In Aspic (Part II)
9.21世紀のスキッツォイド・マン - 21st Century Schizoid Man

Disc5
Concertgebouw, Amsterdam, Netherlands November 23, 1973
1.イージー・マネー - Easy Money
2.人々の嘆き - Lament
3.土曜日の本 - Book of Saturday
4.ロバート・フリップのアナウンス - RF Announcement
5.突破口 - Fracture
6.夜を支配する人 - The Night Watch
7.インプロヴィゼイション : 暗黒の世界 - Improv: Starless And Bible Black

Disc6
Concertgebouw, Amsterdam, Netherlands November 23, 1973
1.インプロヴィゼイション : トリオ - Improv: Trio
2.放浪者 - Exiles
3.インプロヴィゼイション : ザ・フライト・ウォッチ - Improv: The Fright Watch
4.トーキング・ドラム - The Talking Drum
5.太陽と戦慄パート2 - Larks' Tongues In Aspic (Part II)
6.21世紀のスキッツォイド・マン - 21st Century Schizoid Man

Disc7
Palazzo Dello Sport, Udine, Italy March 19, 1974
1.放浪者 - Exiles
2.突破口 - Fracture
3.太陽と戦慄パート2 - Larks' Tongues In Aspic (Part II)

Disc8
Palazzo Dello Sport, Brescia, Italy March 20, 1974
1.インプロヴィゼイション1 - Improv I
2.太陽と戦慄パート1 - Larks' Tongues In Aspic (Part I)
3.ドクター・ダイアモンド - Doctor Diamond
4.イージー・マネー - Easy Money
5.人々の嘆き - Lament
6.夜を支配する人 - The Night Watch
7.インプロヴィゼイション2 - Improv II
8.スターレス - Starless
9.放浪者 - Exiles [Incomplete]

Disc9
Ortf T.V., Paris, France March 22, 1974
1.太陽と戦慄パート2 - Larks' Tongues In Aspic (Part II)
2.インプロヴィゼイション - Improv
3.夜を支配する人 - The Night Watch
4.人々の嘆き - Lament
5.スターレス - Starless

Disc10
Palais Paul Videl, Avignon March 24, 1974
1.ウォーク・オン:ノー・プッシーフッティング (BGM) - Walk On : No Pussyfooting
2.ドクター・ダイアモンド - Doctor Diamond
3.人々の嘆き - Lament
4.突破口 - Fracture
5.夜を支配する人 - The Night Watch
6.偉大なる詐欺師 - The Great Deceiver
7.スターレス - Starless
8.放浪者 - Exiles
9.トーキング・ドラム - The Talking Drum
10.太陽と戦慄パート2 - Larks' Tongues In Aspic (Part II) [Incomplete]

Disc11
Palais Des Sports, Besancon, France March 25, 1974
1.ドクター・ダイアモンド - Doctor Diamond [Incomplete]
2.人々の嘆き - Lament
3.突破口 - Fracture
4.夜を支配する人 - The Night Watch
5.偉大なる詐欺師 - The Great Deceiver
6.インプロヴィゼイション1 - Improv I
7.スターレス - Starless
8.放浪者 - Exiles
9.インプロヴィゼイション2 - Improv II

Disc12
Stadttheater, Augsburg, Germany March 27, 1974
1.ウォーク・オン:ノー・プッシーフッティング (BGM) - Walk On : No Pussyfooting
2.ドクター・ダイアモンド - Doctor Diamond
3.人々の嘆き - Lament
4.イージー・マネー - Easy Money
5.突破口 - Fracture
6.夜を支配する人 - The Night Watch
7.偉大なる詐欺師 - The Great Deceiver
8.スターレス - Starless
9.インプロヴィゼイション : アウグスブルグ - Improv: Augsburg
10.放浪者 - Exiles
11.太陽と戦慄パート2 - Larks' Tongues In Aspic (Part II) [Incomplete]

Disc13
Halle Der Fachoschule, Dieburg, Germany March 28, 1974
1.ドクター・ダイアモンド - Doctor Diamond
2.ロバート・フリップのアナウンス - RF Announcement
3.人々の嘆き - Lament
4.夜を支配する人 - The Night Watch
5.突破口 - Fracture
6.インプロヴィゼイション1 - Improv I
7.放浪者 - Exiles
8.偉大なる詐欺師 - The Great Deceiver
9.インプロヴィゼイション2 - Improv II
10.スターレス - Starless [Incomplete]

Disc14
Stadthalle, Heidelberg, Germany March 29, 1974
1.ウォーク・オン:ノー・プッシーフッティング (BGM) - Walk On : No Pussyfooting
2.インプロヴィゼイション1 - Improv I
3.ドクター・ダイアモンド - Doctor Diamond
4.ロバート・フリップのアナウンス - RF Announcement
5.インプロヴィゼイション2 - Improv II
6.放浪者 - Exiles
7.インプロヴィゼイション3 - Improv III
8.スターレス - Starless
9.夜を支配する人 - The Night Watch
10.人々の嘆き - Lament
11.イージー・マネー - Easy Money
12.突破口 - Fracture [Incomplete]

Disc15
Elzer Hof, Mainz, Germany March 30, 1974
1.ウォーク・オン:ノー・プッシーフッティング (BGM) - Walk On : No Pussyfooting
2.インプロヴィゼイション : ザ・ザヴェージ - Improv: The Savage
3.ドクター・ダイアモンド - Doctor Diamond
4.インプロヴィゼイション : アラビカ - Improv: Arabica
5.放浪者 - Exiles
6.インプロヴィゼイション : アトリア - Improv: Atria
7.夜を支配する人 - The Night Watch
8.スターレス - Starless
9.人々の嘆き - Lament
10.インプロヴィゼイション : トリオ - Improv: Trio
11.イージー・マネー - Easy Money

Disc16
Jahnhalle, Pforzheim, Germany March 31, 1974
1.偉大なる詐欺師 - The Great Deceiver
2.インプロヴィゼイション1 - Improv I
3.ドクター・ダイアモンド - Doctor Diamond
4.インプロヴィゼイション2 - Improv II
5.放浪者 - Exiles
6.夜を支配する人 - The Night Watch
7.人々の嘆き - Lament
8.スターレス - Starless
9.イージー・マネー - Easy Money
10.突破口 - Fracture [Incomplete]

Disc17
Stadthalle, Kassel, Germany April 1, 1974
1.偉大なる詐欺師 - The Great Deceiver [Incomplete]
2.インプロヴィゼイション1 - Improv I
3.ドクター・ダイアモンド - Doctor Diamond
4.インプロヴィゼイション2 - Improv II
5.放浪者 - Exiles
6.夜を支配する人 - The Night Watch
7.人々の嘆き - Lament
8.スターレス - Starless
9.インプロヴィゼイション3 - Improv III
10.イージー・マネー - Easy Money
11.突破口 - Fracture [Incomplete]

Disc18
Stadthalle, Gottingen, Germany April 2, 1974
1.偉大なる詐欺師 - The Great Deceiver [Incomplete]
2.ドクター・ダイアモンド - Doctor Diamond
3.放浪者 - Exiles
4.突破口 - Fracture
5.ロバート・フリップのアナウンス - RF Announcement
6.人々の嘆き - Lament
7.スターレス - Starless
8.インプロヴィゼイション1 - Improv I
9.夜を支配する人 - The Night Watch

Disc19
Concertgeboum, Amsterdam, Netherlands November 23, 1973
1.イージー・マネー - Easy Money
2.人々の嘆き - Lament
3.土曜日の本 - Book of Saturday
4.放浪者 - Exiles
5.インプロヴィゼイション : ザ・フライト・ウォッチ - Improv: The Fright Watch
6.トーキング・ドラム - The Talking Drum
7.太陽と戦慄パート2 - Larks' Tongues In Aspic (Part II)
8.21世紀のスキッツォイド・マン - 21st Century Schizoid Man

Disc20
Starless And Bible Black
2011 Stereo Mix
1.偉大なる詐欺師 - The Great Deceiver
2.人々の嘆き - Lament
3.隠し事 - We'll Let You Know
4.夜を支配する人 - The Night Watch
5.トリオ - Trio
6.詭弁家 - Mincer, The
7.暗黒の世界 - Starless And Bible Black
8.突破口 - Fracture

Disc21
DVD オーディオ収録
○MLPロスレス5.1サラウンド / DTS5.1デジタル・サラウンド / MLPロスレスステレオ(24/96) / LPCMステレオ(24/48)
Starless And Bible Black
5.1サラウンド・ミックス 2011ステレオ・ミックス オリジナル・ステレオ・ミックス
1.偉大なる詐欺師 - The Great Deceiver
2.人々の嘆き - Lament
3.隠し事 - We'll Let You Know
4.夜を支配する人 - The Night Watch
5.トリオ - Trio
6.詭弁家 - Mincer, The
7.暗黒の世界 - Starless And Bible Black
8.突破口 - Fracture
Bonus Track 5.1 Surround Mix
9.イージー・マネー - Easy Money
○LPCMステレオ(24/48)
Volkshaus, Zurich, Switzerland November 15, 1973
10.人々の嘆き - Lament
11.夜を支配する人 - The Night Watch
12.突破口 - Fracture
13.ザ・ロウ・オブ・マキシマム・ディストレス パート1 - The Law of Maximum Distress : Part I
14.インプロヴィゼイション : 詭弁家 - Improv: The Mincer
15.ザ・ロウ・オブ・マキシマム・ディストレス パート2 - The Law of Maximum Distress: Part II
Additional Tracks
16.隠し事 - We'll Let You Know
17.ドクター・ダイアモンド - Doctor Diamond
18.ガッツ・オン・マイ・サイド - Guts On My Side
19.夜を支配する人 - The Night Watch (Single edit-stereo)
20.夜を支配する人 - The Night Watch (US radio single edit-mono)
21.ラジオ・スポット~30秒ヴァージョン - 30 second radio advert
22.ラジオ・スポット~60秒ヴァージョン - 60 second radio advert
○ビデオ
Central Park, New York June 25, 1973
23.イージー・マネー - Easy Money
24.フラグド・ダスティ・ウォール・カーペット - Fragged Dusty Wall Carpet

Disc22
DVD オーディオ収録
○マルチ・チャンネル・オーディオ / LPCMステレオ(24/48)
Elzer Hof, Mainz, Germany March 30, 1974
1.ウォーク・オン:ノー・プッシーフッティング (BGM) - Walk On : No Pussyfooting
2.インプロヴィゼイション : ザ・ザヴェージ - Improv: The Savage
3.ドクター・ダイアモンド - Doctor Diamond
4.インプロヴィゼイション : アラビカ - Improv: Arabica
5.放浪者 - Exiles
6.インプロヴィゼイション : アトリア - Improv: Atria
7.夜を支配する人 - The Night Watch
8.スターレス - Starless
9.人々の嘆き - Lament
10.インプロヴィゼイション : トリオ - Improv: Trio
11.イージー・マネー - Easy Money
12.突破口 - Fracture
Concertgebouw, Amsterdam, Netherlands November 23, 1973
13.イージー・マネー - Easy Money
14.インプロヴィゼイション : 暗黒の世界 - Improv: Starless And Bible Black
15.放浪者 - Exiles
16.インプロヴィゼイション : ザ・フライト・ウォッチ - Improv: The Fright Watch
17.トーキング・ドラム - The Talking Drum
18.太陽と戦慄パート2 - Larks' Tongues In Aspic (Part II)
19.21世紀のスキッツォイド・マン - 21st Century Schizoid Man
Stanley Theatre, Pittsburgh, USA April 29, 1974
20.偉大なる詐欺師 - The Great Deceiver
21.人々の嘆き - Lament
22.夜を支配する人 - The Night Watch
23.スターレス - Starless

Disc23
BLU-RAY オーディオ収録
○LPCMステレオ(24/192) / DTS-HDマスター・オーディオ
Apollo Theatre, Glasgow, UK Ocotber 23, 1973
1.ウォーク・オン - Walk On
2.インプロヴィゼイション : シャークス・ラングス・イン・レムシップ - Improv: Sharks' Lungs In Lemsip
3.太陽と戦慄パート1 - Larks' Tongues In Aspic (Part I)
4.土曜日の本 - Book Of Saturday
5.イージー・マネー - Easy Money
6.インプロヴィゼイション : 隠し事 - Improv: We'll Let You Know
7.夜を支配する人 - The Night Watch
8.インプロヴィゼイション : タイト・スキュラミー - Improv: Tight Scrummy
9.インプロヴィゼイション : ルース・スキュラミー - Improv: Loose Scrummy
10.トーキング・ドラム - The Talking Drum
11.太陽と戦慄パート2 - Larks' Tongues In Aspic (Part II)
12.平和-テーマ - Peace - A Theme
13.キャット・フード - Cat Food
Volkshaus, Zurich, Switzerland November 15, 1973
14.ウォーク・オン:ノー・プッシーフッティング (BGM) - Walk On : No Pussyfooting
15.インプロヴィゼイション : サム・プッシーフッティング - Improv: Some Pussyfooting
16.太陽と戦慄パート1 - Larks' Tongues In Aspic (Part I)
17.ロバート・フリップのアナウンス - RF Announcement
18.人々の嘆き - Lament
19.平和-テーマ - Peace - A Theme
20.キャット・フード - Cat Food
21.突破口 - Fracture
22.ザ・ロウ・オブ・マキシマム・ディストレス パート1 - The Law of Maximum Distress : Part I
23.インプロヴィゼイション : 詭弁家 - Improv: The Mincer
24.ザ・ロウ・オブ・マキシマム・ディストレス パート2 - The Law of Maximum Distress: Part II
25.イージー・マネー - Easy Money
26.放浪者 - Exiles
27.インプロヴィゼイション : サム・モア・プッシーフッティング - Improv: Some More Pussyfooting
28.トーキング・ドラム - The Talking Drum
29.太陽と戦慄パート2 - Larks' Tongues In Aspic (Part II)
30.21世紀のスキッツォイド・マン - 21st Century Schizoid Man
○LPCMステレオ(24/96) / DTS-HDマスター・オーディオ
Concertgebouw, Amsterdam, Netherlands November 23, 1973
2014 Stereo Mix by Steven Wilson
31.イージー・マネー - Easy Money
32.人々の嘆き - Lament
33.土曜日の本 - Book of Saturday
34.ロバート・フリップのアナウンス - RF Announcement
35.突破口 - Fracture
36.夜を支配する人 - The Night Watch
37.インプロヴィゼイション : 暗黒の世界 - Improv: Starless And Bible Black
38.偉大なる詐欺師 - The Great Deceiver → インプロヴィゼイション : トリオ - Improv: Trio
39.放浪者 - Exiles
40.インプロヴィゼイション : ザ・フライト・ウォッチ - Improv: The Fright Watch
41.トーキング・ドラム - The Talking Drum
42.太陽と戦慄パート2 - Larks' Tongues In Aspic (Part II)
43.21世紀のスキッツォイド・マン - 21st Century Schizoid Man
Additional Material
Concertgebouw, Amsterdam, Netherlands
1974 Stereo Mix by George Chkiantz
44.イージー・マネー - Easy Money
45.人々の嘆き - Lament
46.土曜日の本 - Book of Saturday
47.放浪者 - Exiles
48.インプロヴィゼイション : ザ・フライト・ウォッチ - Improv: The Fright Watch
49.トーキング・ドラム - The Talking Drum
50.太陽と戦慄パート2 - Larks' Tongues In Aspic (Part II)
51.21世紀のスキッツォイド・マン - 21st Century Schizoid Man
The Night Watch 1997 Stereo Mix by David Singleton & Robert Fripp
52.イージー・マネー - Easy Money
53.人々の嘆き - Lament
54.土曜日の本 - Book of Saturday
55.突破口 - Fracture
56.夜を支配する人 - The Night Watch
57.インプロヴィゼイション : 暗黒の世界 - Improv: The Starless And Black
58.インプロヴィゼイション : トリオ - Improv: Trio
59.放浪者 - Exiles
60.インプロヴィゼイション : ザ・フライト・ウォッチ - Improv: The Fright Watch
61.トーキング・ドラム - The Talking Drum
62.太陽と戦慄パート2 - Larks' Tongues In Aspic (Part II)
63.21世紀のスキッツォイド・マン - 21st Century Schizoid Man

Disc24
BLU-RAY オーディオ収録
○DTS-HDマスター・サラウンド / LPCM5.1サラウンド / LPCMステレオ(24/96)
Starless And Bible Black
5.1サラウンド・ミックス 2011ステレオ・ミックス オリジナル・ステレオ・ミックス
オリジナル・UKアナログからの盤起こし音源
1.偉大なる詐欺師 - The Great Deceiver
2.人々の嘆き - Lament
3.隠し事 - We'll Let You Know
4.夜を支配する人 - The Night Watch
5.トリオ - Trio
6.詭弁家 - The Mincer
7.暗黒の世界 - Starless And Bible Black
8.突破口 - Fracture
○LPCMステレオ(24/48)
Additional Tracks
9.夜を支配する人 - The Night Watch (Single edit-stereo)
10.夜を支配する人 - The Night Watch (US radio single edit-mono)
11.ラジオ・スポット~30秒ヴァージョン - 30 second radio advert
12.ラジオ・スポット~60秒ヴァージョン - 60 second radio advert
○DTS-HDマスター・サラウンド / LPCMサラウンド / LPCMステレオ(24/96)
Elzer Hof, Mainz, Germany March 30, 1974
13.ウォーク・オン:ノー・プッシーフッティング (BGM) - Walk On : No Pussyfooting
14.インプロヴィゼイション : ザ・ザヴェージ - Improv: The Savage
15.ドクター・ダイアモンド - Doctor Diamond
16.インプロヴィゼイション : アラビカ - Improv: Arabica
17.放浪者 - Exiles
18.インプロヴィゼイション : アトリア - Improv: Atria
19.夜を支配する人 - The Night Watch
20.スターレス - Starless
21.人々の嘆き - Lament
22.インプロヴィゼイション : トリオ - Improv: Trio
23.イージー・マネー - Easy Money
24.突破口 - Fracture
Concertgebouw, Amsterdam, Netherlands November 23, 1973
25.イージー・マネー - Easy Money
26.インプロヴィゼイション : 暗黒の世界 - Improv: Starless And Bible Black
27.放浪者 - Exiles
28.インプロヴィゼイション : ザ・フライト・ウォッチ - Improv: The Fright Watch
29.トーキング・ドラム - The Talking Drum
30.太陽と戦慄パート2 - Larks' Tongues In Aspic (Part II)
31.21世紀のスキッツォイド・マン - 21st Century Schizoid Man
Stanley Theatre, Pittsburgh, USA April 29, 1974
32.偉大なる詐欺師 - The Great Deceiver
33.人々の嘆き - Lament
34.夜を支配する人 - The Night Watch
35.スターレス - Starless
○ビデオ
Ortf T.V., Paris, France March 22, 1974
36.太陽と戦慄パート2 - Larks' Tongues In Aspic (Part II)
37.インプロヴィゼイション - Improv
38.夜を支配する人 - The Night Watch
39.人々の嘆き - Lament
40.スターレス - Starless
Central Park, New York June 25, 1973
41.イージー・マネー - Easy Money
42.フラグド・ダスティ・ウォール・カーペット - Fragged Dusty Wall Carpet

Disc25
Univercity Of Texas, Arlington, TX October 6, 1973
1.ウォーク・オン - Walk On
2.インプロヴィゼイション1 - Improv I
3.太陽と戦慄パート1 - Larks' Tongues In Aspic (Part I)
4.ロバート・フリップのアナウンス - RF Announcement
5.イージー・マネー - Easy Money
6.夜を支配する人 - The Night Watch
7.突破口 - Fracture
8.土曜日の本 - Book Of Saturday
9.人々の嘆き - Lament
10.インプロヴィゼイション2 - Improv II
11.放浪者 - Exiles

Disc26
Audio Curios
University of Texas, Arlington, TX, October 6, 1973
1.トーキング・ドラム - The Talking Drum
2.太陽と戦慄パート2 - Larks' Tongues In Aspic (Part II)
3.21世紀のスキッツォイド・マン - 21st Century Schizoid Man
Richards Club, Atlanta, Georgia, June 23, 1973
4.ドクター・ダイアモンド - Doctor Diamond
Volkshaus, Zurich, Switzerland, November 15, 1973
5.ザ・ロウ・オブ・マキシマム・ディストレス パート1 - The Law of Maximum Distress : Part I
6.インプロヴィゼイション : 詭弁家 - Improv: The Mincer
7.ザ・ロウ・オブ・マキシマム・ディストレス パート2 - The Law of Maximum Distress: Part II
Elzer Hof, Mainz, Germany, March 30, 1974
8.イージー・マネー - Easy Money
9.突破口 - Fracture
10.太陽と戦慄パート2 - Larks' Tongues In Aspic (Part II)

Disc27
Palazzo Dello Sport, Udine, Italy March 19, 1974
1.ウォーク・オン:ノー・プッシーフッティング (BGM) - Walk On : No Pussyfooting
2.インプロヴィゼイション : サム・プッシーフッティング - Improv: Some Pussyfooting
3.太陽と戦慄パート1 - Larks' Tongues In Aspic (Part I)
4.人々の嘆き - Lament
5.ドクター・ダイアモンド - Doctor Diamond
6.夜を支配する人 - The Night Watch
7.偉大なる詐欺師 - The Great Deceiver
8.ガッツ・オン・マイ・サイド - Guts On My Side
9.インプロヴィゼイション2 - Improv II
10.スターレス - Starless
11.土曜日の本 - Book of Saturday
12.放浪者 - Exiles
13.突破口 - Fracture

starless_back
演奏曲の中に、アルバム[ポセイドンのめざめ(In The Wake Of Poseidon)]収録の「平和-テーマ(Peace - A Theme)」と「キャット・フード(Cat Food)」があります。「キャット・フード」のオリジナルでは、Keith Tippett が演奏していたピアノのパートを David Cross がバイオリンでプレイしています。
また、「ドクター・ダイアモンド(Doctor Diamond)」というスタジオアルバムには収録されていませんが、ライブでは頻繁にプレイされていた曲があります。ヘビーでパワフルなロックナンバーですが、時にブルージーなスタイルでも演奏され、ボックスセットから「ドクター・ダイアモンド」だけを抽出して聴き比べてみると面白いかもしれません。
ガッツ・オン・マイ・サイド(Guts On My Side)」もスタジオアルバム未収録ですが、こちらはそれほどライブで取り上げられることのない曲でした。

starless_and_bible_black_image
アルバム[暗黒の世界]は、1曲目の「偉大なる詐欺師(The Great Deceiver)」と2曲目「人々の嘆き(Lament)」は全てスタジオ録音ですが、それ以外はライブ音源をベースにしています。
3曲目「隠し事(We'll Let You Know)」~ Apollo Theatre, Ocotber 23. 1973 ~ Disc1 No.5 / Disc23 No.6 ライブ音源をそのまま使用し、ノイズを除去したもの。
4曲目「夜を支配する人(The Night Watch)」~ Concertgebouw, November 23. 1973 ~ Disc6 No.6 / Disc22 No.7 / Disc23 No.36 56 イントロダクション部分のみ使用。
5曲目「トリオ(Trio)」~ Concertgebouw, November 23. 1973 ~ Disc6 No.1 / Disc22 No.10 / Disc23 No.38 58 こちらも純粋なライブ音源で、演奏に参加していない Bill Bruford に対し、Robert Fripp賞賛に値する抑制(Admirable Restraint)とのクレジットを与えています。
6曲目「詭弁家(The Mincer)」~ Volkshaus, November 15. 1973 ~ Disc4 No.2 / Disc21 No.14 / Disc23 No.23 / Disc26 No.6 「ザ・ロウ・オブ・マキシマム・ディストレス(The Law of Maximum Distress)」というインプロヴィゼイションに挟まれていたものに、スタジオでヴォーカルをダビングして仕上げられた楽曲。
7曲目「暗黒の世界(Starless And Bible Black)」~ Concertgebouw, November 23. 1973 ~ Disc5 No7 / Disc22 No14 / Disc23 No37 57 / Disc24 No26 アルバムのタイトルソングになっています。当初は John Wetton が作った別の曲のタイトルでしたが、他のメンバーから認められず、こちらのインプロヴィゼイションに採用されました。その後、John Wetton が作った曲は歌詞が書きかえられ、Ian McDonald のサックスが加えられて、このボックスセットのタイトルである「スターレス(Starless)」へと生まれ変わり、アルバム[レッド]のエンディングを飾ることとなります。
8曲目「突破口(Fracture)」~ Concertgebouw, November 23. 1973 ~ Disc5 No5 / Disc23 No35 55 複雑な構成と緻密な演奏が11分以上もくりひろげられ、King Crimson の全楽曲中でもっとも難しい演奏と John Wetton が語っている曲が実際のライブで演奏されたインプロヴィゼイションそのままで収録されているというバンドのポテンシャルの高さが感じられます。

Starless And Bible Black: 暗黒の世界 ~40周年記念エディション ( k2hd Hqcd)

新品価格
¥3,240から
(2014/12/27 21:00時点)


starless_and_bible_black_inner



プログレッシブランキング
にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ
にほんブログ村
関連記事

スポンサードリンク

2014-12-27 : プログレッシブロック :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

うえ ちゃん

Author:うえ ちゃん
音楽に浸っていることが好きです。

最新記事

アナウンス

キース・エマーソン 追悼」としてムック本が出版されています。

エマーソン・レイク&パーマー (KAWADE夢ムック 文藝別冊)




にほんブログ村
人気ブログランキングへ
~PV(ページビュー)アクセスランキング~

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

リンク

主に70年代洋楽と80年代邦楽について紹介している[只野感想文]もチェック! このブログをリンクに追加する

スポンサードリンク
プライベートクラウドとパブリッククラウド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。